解体工事に欠かせない事柄を総まとめ

近隣へのあいさつを忘れずに

解体工事はじめ前の近隣挨拶の必要性

解体工事に欠かせない事柄を総まとめ
住宅を建て替える場合には現在の住宅を解体することになりますので、周辺の住民に対して少なからず不便なお思いをさせてしまうことになります。解体工事では取り壊し時に発生する騒音がありますし、埃が飛び散ることになります。また解体材の運搬のために大型車両が走行しますし、路上で運搬車両が待機するなど車の通行に支障を与えてしまうことがあります。既存住宅の建て替えを伴う解体工事では、請け負った業者が近隣挨拶を行うのが一般的ですが、工事を依頼した施主の立場からも挨拶を行うのがマナーと言えます。請負業者と同行して挨拶に回る場合もありますし、施主として単独で挨拶をする場合もありますが、近隣挨拶をすることによって工事をスムーズに進めることが可能ですから、特に新築を伴う場合には長い間暮らすことになりますので、地域との繋がりを考慮して対応することが大切なのです。新築を伴う解体工事では、新築を請け負う業者が工事を行うことになりますが、下請け業者を利用することで新築業者と解体工事を行う業者が異なる場合があります。新築業者は近隣住民への配慮を徹底していても、下請けである解体業者は配慮が不足することがあります。新築に係る一連の作業となりますので、近隣住民への配慮は徹底するように新築業者に指示することが大切です。新築を伴う解体工事では、住宅が完成するまでに長い期間がかかります。解体工事が終わってから新築の準備にとりかかりますので、解体工事だけではなく新築工事でも周辺住民へ負担をかけてしまいます。新築工事には資材の搬入がありますが、木造であれば柱や梁などの構造部材は長さがありますので、運搬車両も大型車が中心となります。また工程管理において資材の搬入のために運搬車両が道路上に停車してしまうことがあります。外壁仕上げに塗装工事が必要な場合には、塗料の飛散の他に塗料の臭いが周辺に影響を及ぼすことがあります。土地が広ければ問題ありませんが、中心部の住宅密集地では隣接する住居との距離が近いため、作業員が歩きまわることでプライバシーの問題も出てくるのです。新築工事や解体工事では近隣に与える影響が大きいため、その分だけトラブルの発生率が高くなってしまいます。人間の気持ちは誠意を表すことで抑えることが可能ですから、工事が決定したら迷惑をかける旨の言葉を添えて近隣挨拶を行うことが大切なのです。挨拶をすることによって地域の中での立場を確立することも可能なのです。

Copyright(c) 2014 解体工事に欠かせない事柄を総まとめ All Rights Reserved.