解体工事に欠かせない事柄を総まとめ

解体工事に必要な資格

解体工事を行う際に必要となる資格

解体工事に欠かせない事柄を総まとめ
解体工事を行う場合には指定された資格を持つものが業務を行う必要がありますが、業者として必要なものと技術管理者として必要なもの、作業主任者として必要なものの大きく分けると3種類に分類することが可能です。業者として解体工事を行う場合は、都道府県知事に申請を行い業者登録をする必要があります。登録業者でなければ解体工事を行うことができませんので、業者選びの際は登録業者の中から選ぶことが大切です。業者登録をする際には技術管理者を設置する必要があります。技術管理者になるには指定された資格を取得していることが要件になりますが、指定された中の一つ以上保有していることが条件となります。主なものでは建築士や土木施工管理技士、建築施工管理技士、建設機械施工技士、解体工事技士などがあります。これは技術管理者に必要なものですが、技術管理者は工事の指導、監督を行う立場となりますので、実際の作業にはさらに別の資格も必要になります。解体作業では高所での作業も必要になりますのでクレーン車を運転することも必要となります。また仮設足場で工事現場を囲う必要がありますので、足場の組立等作業主任者も必要となります。他にも工事内容に合わせて必要となる物が多数存在していますが、工事に関わる全ての人が保有している必要はなく、作業主任者や技術管理者のみが保有していることで条件を満たすことが可能です。新築工事では安全性の確保が最優先されますが、解体工事では新築工事よりもさらに危険性が高まりますので、安全に関する正しい知識と対応のできる業者に依頼することが大切です。工事現場では安全への配慮の他に周辺への配慮も必要となりますので、工事に関する知識や技術力だけではなく近隣への挨拶など業者としての姿勢も重要なものとなります。工事現場では解体作業に伴い騒音が発生しますし、埃が飛散することで周辺に迷惑をかけてしまいます。クレームが発生することもありますので、近隣住民への対応がしっかりとできることも重要な部分と言えます。また近年では建設リサイクル法によって特定建設資材においては分別解体により所定の方法で処分することが定められています。法律ですから正しく取り扱わない場合には施主が責任を負わなければならない事態が起こりますので、信頼性の高い業者を利用することが大切です。解体工事は新築工事との兼ね合いから綿密な打ち合わせが必要になります。特に地盤面下に構造物が残っていると新築工事ができませんので、知識と確実性が必要になってくるのです。

Copyright(c) 2014 解体工事に欠かせない事柄を総まとめ All Rights Reserved.